東日本大震災 陸前高田 ラジカセ10台支援 

平成23年3月11日午後2時46分頃、東日本大震災が起こりました。
私は取引先の応接間でテレビを見ていたんです。
すると東北の方で物凄い地震がおきたらしい、という報道がありました。
時間が経つにつれその惨状が明らかになりました。

死者12.5890名、行方不明2.589名という未曾有の大参事になりました。
信じられないような悲惨な映像にはみなさんも衝撃を受けたと思います。   
津波で家や車が流されていく映像には言葉を失いました。
あれから4年の月日が流れましたが、まだまだ復興には時間がかかりそうです。

死者は12都道県で1万5890人、2589人の方がいまだに見つかっていません。
地震のマグニチュードは9.0で大正関東大震災を上回る日本観測史上最大の規模でした。
マグニチュードは1増えると地震のエネルギーは31.6倍になるらしく、2増えると地震のエネルギーは1000倍になるといいます。

この災害が起こったとき、何か役にたてないのか?と思い東北・東日本支援の会を作って寄付を募り、宮城県災害対策本部に寄付金全額を送りました。
多くの善意に出会いました、皆さん本当にありがとうございました。

DSC_0388.JPG

また、友人たちが作ったCDを1枚500円で売りその売上げを1000枚50万円を全額寄付しました。
陸前高田の仮設住宅の方たちに直接何が必要か聞きました。
みんなが集まる集会所が殺風景で寂しいのでカラオケが欲しいとの事でした。
そこでカラオケ機能搭載のCDラジカセ10台を送りました。

001.jpg

また、陸前高田の幼稚園にも打診したところ、周りが津波で流されて何もないので夜暗くて寂しい不用心だという事だったので、LEDイルミネーションの電飾を送りました。

幼稚園の先生も仮設住宅に住んでいて、お風呂が温まれないとの事でしたので、お風呂に入れるとポカポカする岩塩も送りました。

皆さんお元気にしていますか。寒い季節ですがお身体ご自愛ください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック