鬼畜の所業!10年前に女と自分の子供を殺した男

佐賀県の47才の男が逮捕された。
10年前に交際していた女性を殺害した容疑だ。

この男、殺害した女性との間に生まれた幼児も殺していた。
自分の子供まで殺していたのだ。

福岡県警の取り調べで二人の殺害を認めている。
供述から男の自宅近くのあぜ道から二人の遺体が見つかった。
遺体は袋のようなものに入っていて、凶器も発見された。

殺害された子供が、就学年齢になっているのに、小学校の入学式に姿を見せない事を不振に思った児童相談所が、県警に通報した事から事件が発覚しました。

しかし10年間も幼い子供の姿が見えないのに、周りの大人たちは気が付かなかったんだろうか。
児童相談所が県警に相談したのは2012年9月とされており、そうすると3年以上も捜査していたことになる。
3年も時間がかかるって・・・
児童相談所が通報するまで長年二人の所在が確認出来ていないのに、誰も警察に相談しなかったんダ。

時分の子供にまで手をかけるなんてまるで鬼畜だ。
子殺し、幼児殺し、女性殺害、この殺人事件はなぜ起きたんだろうか?
被害者は10年も暗い土の中に閉じ込められて可哀そうでならない。

この男は人間の体を成していない。
人として存在していない。

小さな頃から学校で、例えば科目として「倫理」みたいな事を教えないと、こんな奴は無くならないかも知れない。
子供を殺す奴は後を絶たない、周りの大人が子供たちに気を配って見守るしかないんでしょうね。

警察は児童虐待その疑いがあれば厳しく対処するべきだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432902988

この記事へのトラックバック