副住職の妻はAV女優だった 経営する幼稚園が大騒ぎ

弁護士ドットコムの法律相談で、自分の妻が20年前にAVに出演した事を理由に離婚出来ますか?という相談があったそうです。
相談者は寺院の副住職で、英才教育を推進して人気の幼稚園も経営しているという事です。
数年前に住職の親の反対を押し切って水商売をしていた女性と結婚しました。

しかし最近になって園児の親から、「住職の妻はAV女優だ、こんな所に子供は預けられない、月謝を返せ」とクレームを受けたそうです。
妻を問いただすと20年前に複数のAV作品に出演している事が判明し、妻もそれを認めました。

園児の保護者から批判が寄せられ、当然結婚に反対した父親の住職は激怒し、副住職本人も「宗教法人、学校法人として仕事を続けて行くのは難しい」と離婚を考えているという事です。
妻の過去のAV出演を理由に離婚は出来るのでしょうか?

弁護士の見解は、AVとはいえ20年前の事まで告白する義務はない、と考えられるそうです。
妻がすんなり離婚に応じてくれず裁判になった場合は、この事実が「婚姻を継続し難い重大な理由」になるかどうかが争われる事になるそうです。
はたして、妻の過去のAV出演が離婚の要因として認められるのでしょうか?

副住職の妻のAV作品を見つけた園児の保護者も、よく20年も前のアダルトビデオを見つけたもんです。
AVマニアなんでしょうか?AVサーフィンでもしないとなかなか見つけられないと思うんですが・・・

いずれにしてもお寺も幼稚園も信用は失墜しますよね。
離婚も致し方ないと思いますが、20年も前の事で裁かれるというのもなんか気の毒だとも思うんですが。
嫁いだ先が悪かったという事でしょうね。
皆さんはどう思いますか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック