ドラえもんはタヌキではなくアザラシと言われるとキレる!

ドラえもんがアメリカに行くと・・・
驚きと笑えるアメリカ版ドラえもんの設定。

◆ドラえもんはタヌキではなくアザラシと言われるとキレる
ネコ型ロボットであるドラえもんは、日本ではタヌキと間違えられるとキレますが、アメリカではアザラシと言われるとキレるんです。

◆ジャイアンが「Big G(ビッグ・ジー)」
これは納得。

◆のび太が「Noby(ノビー)」
アメリカでは「のび太」と発音すると,女性の名前っぽく聞こえてしまうので、Noby(ノビー)に変更されたそうです。

◆どら焼きは「Yummy bun」
ドラえもんの大好物のドラ焼きは、Yummy Bun(ヤミーバン)
ヤミーバン(おいしい=Yummy、バンズ)美味しいパンの意味ですが、アメリカのドラエモンの大好物はピザみたいです。

◆ジャイ子は「Little G(リトル・ジー)」
これも納得。

◆健康的な食生活の推進のため、おやつがヘルシーに修正されている
子供向けの番組だから、おやつがヘルシーなフルーツに修正されている。

◆お小遣いはドル札で支給
当然

◆オムライスはパンケーキになっている
これも妥当かも。アメリカの人はオムライス知らないかも?

◆石焼きいもの屋台はポップコーン屋台に
これも納得かも。アメリカの人は石焼いも知らないかも?

◆スネオは「Sneech(スニーチ)」
Good!

◆剛田商店は「Goda's goods」
「Goda's foods」や 「Goda's store」ではなくて 「Goda's goods」なんだ。

◆どこでもドアが「Anywhere Door(エニウェア・ドア)」
anywhere=どこでも、どこかに、どこへでも、。なるほど。

◆タケコプターが「Hopter(ホプター)」
軽く跳び越えるという意味の「hop」という単語を使い、場所から場所へ人々を連れて行くという感じかな。

◆スモールライトが「Shrink ray」
Shrink=小さくなる  rsy=光線を出す、放射する
small light(スモールライト)だとparking light(パーキングライト/自動車の駐車灯)をイメージされるからでしょうか。

ドラえもんは未来からやって来たネコ型ロボット。
もともとキンピカのメッキのをされていましたが、工作用ネズミ型ロボットに耳をかじられます。
ロボット病院での治療にも失敗して耳が修理不能になりました。

その姿を彼女のノラミャー子さんに爆笑されてしまったことで大ショックを受け、泣きまくった結果、振動でメッキがはげて身体は青くなり、声も枯れてドラ声になってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433152960

この記事へのトラックバック