つば九郎 18000円のチケット5時間で完売   専属マネジャーも

ヤクルトのマスコットのつば九郎が大忙し!

オフに入ってからのイベントに出演は約20件で、ヤクルトのPRはもちろんのこと、地域振興などにも呼ばれる人気者で、イベントの出演回数は選手よりも圧倒的に多い。

1月20日のつば九郎の契約更改の際は、報道陣は約30人、テレビカメラ4台、その中にはNHK記者の姿もあった。

契約更改では、昨年トリプルスリーを達成した山田哲人内野手の年俸2億2000万円と同じ数字を要求。

衣笠社長との筆談でのやり取りの末、2万円に2000円を上乗せし、桁は違うが山田選手と数字をそろえて契約更改。

maxresdefault.jpg

1月24日、中日のマスコット、ドアラと共に開催した東京・立川市でのディナーショーでは、18000円のチケットは5時間で完売し、球界マスコット界の2大人気者とあって約600人のファンが駆けつけた。

同日、都内では某選手のディナーショーが行われていたが、こちらはファン約160人。
昨季、14年ぶりのリーグ優勝を果たしたヤクルトは、ポストシーズン【クライマックスシリーズと日本シリーズ】の入場料収入が約8億円で、約2億円だったグッズの売上げも、4倍の8億円に大幅アップした。

約800あるアイテムの大半はつば九郎があしらわれている。
Tシャツ、タオル、ぬいぐるみなど・・・

販売担当者は「昨年は山田グッズが急追しましたが、つば九郎が巻き返し売り上げトップの座は揺るがなかった」と語った。

つば九郎関連企画も持ち込まれており、約6000円のアクションフィギュア発売も計画されている。

球団は「稼げるキャラクター」として、今年に入って“専属マネジャー”をつけた。
スケジュール管理と、つば九郎の魅力でもある「奔放すぎる発言(筆談)」を監視?するためだとしています。
かわいらしい外見とは裏腹に、【る~び~のみたい「ビール」】【よるのぱとろーる】などのちょっとブラックで笑いを誘うつば九郎の筆談は、今やヤクルト名物になっています。

1994年のデビューから今年で23年目のつば九郎。
つば九郎人気をどう思っているのか、つば九郎人に聞いてみた。、

【恵まれています。選手、チーム、社長もみんなも何をやっても怒らない。ファンも味方になってくれ、バクテンも出来ないのに23年もやれるなんて】東京ヤクルトスワローズつば九郎

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433203877

この記事へのトラックバック