盗聴被害 まさか自分が 犯人は身近な人間が多い? 心の準備が

今や盗聴器は、通信販売や電器店などで、簡単に手に入れる事ができる時代です。
「まさか自分は・・・」と思いますが、案外多くの人がその被害にあっています。

盗聴器は大きく分けると、「録音式盗聴器」「電波式盗聴器」の2種類に分かれます。

録音式盗聴器は、盗聴器内部にメモリーを備えていて、周囲の音声を録音するタイプ。
電波式盗聴器は、一般的な盗聴器で電波を使用するタイプ。

録音式盗聴器は、信号(電波)が発生しないため、発見するためには目で探すしかありません。
犯人が盗聴内容を聞くためには、盗聴器を直接回収しなければならず、仕掛けた人物は被害者の家に自由に入れる、身近な人間である可能性が高いと思われます。
旦那や妻の浮気の証拠を掴むために、この手の盗聴器がよく使われます。

電波式盗聴器は、電波を発信するため、電波の信号を外で受信出来ます。
なので盗聴犯は、不特定多数である可能性が高いわけです。

電波を発信する電波式盗聴器は、比較的簡単に発見することが出来ます。
盗聴器は室内に音声があると作動するので、故意に音声を作る事で機会が反応します。

盗聴器がFMの周波数帯を使っている場合は(FMラジオの周波数帯(76.0MHz〜108.0MHz)の周波数帯を使っている場合が多い)、FMラジオを受信できる状態にして、周波数選曲ダイヤルを、低いところから徐々に高くしていきます。

FMラジオから、部屋で鳴っている音と同じ音が聞こえてくるようであれば、FM式の電波式盗聴器が部屋に仕掛けられていることになります。

盗聴器がUHFやVHFなどの周波数帯を使っている場合には、専用の盗聴器発見機が必要となります。
盗聴器発見機の周波数を徐々に変えていきながら、部屋で鳴っている音と同じ音が、盗聴器発見機から聞こえてくるかどうかを確認します。

FMラジオまたは発見機を持って部屋を移動して、音がだんだん大きくなって、ハウリングを起こしたら、そこに盗聴器が仕掛けられていることになります。

盗聴器が仕掛けられやすい場所
★室内灯・置時計の裏・コンセント・保安器
★花瓶・絵画・ぬいぐるみ・机・エアコン

犯人を確定するには証拠を掴む必要があります。
録音式盗聴器の場合は、身近な人間である可能性が高いと思われますが、証拠もなく相手を確定する事はやめましょう。
もしその人物が犯人でなかった場合は大変な問題になります。

盗聴器を撤去するだけでは不安で、どうしても犯人を特定したい場合は、専門家に依頼して隠しカメラを設置して貰うのが賢明な方法です。
しかし、あなたを全く知らない人間が盗聴器を仕掛ける事は考えにくいので、犯人が判明した場合の心の準備が必要です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433234769

この記事へのトラックバック