さよなら ゲゲゲの鬼太郎 水木しげるサン お別れの会

1月31日に東京・青山葬儀所で、昨年11月に逝去したゲゲゲの鬼太郎の著者、水木しげるさんを偲ぶ「水木しげるサン お別れの会」が行われた。


関係者のみで行われた「お別れの会」は、作家の京極夏彦が挨拶し、発起人の荒俣宏が水木しげるさんの功績を紹介した。


続いて、ゴルゴ13、鬼平犯科帳などでお馴染みの漫画家さいとう・たかをが挨拶。

さいとう・たかをは、「水木さんとは貸本時代からの付き合いだった」と語った。


続いて鬼太郎の声を担当した野沢雅子らが水木さんへの思いを語った。


最後に水木妻・武良布枝さんが来場者への感謝を述べ、「水木はまだいろいろな構想があったはずです、それが実現しなかったことはとても残念です」


「主人がいるあちらの世界には、マンガのタネがたくさんあって、たくさんのストーリーを考えているでしょう。だって生前から妖怪やあの世とは親しかったですから」


「生前は水木しげるを温かく見守ってくださってありがとうございました」

「主人はこの会場にいて、きっと皆様に感謝していると思います」と語った。


NHKの「ゲゲゲの女房」で水木夫妻を演じた向井理と松下奈緒、実写映画「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎を演じたウエンツ、CMで「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターのねずみ男を演じた浅野忠信らが参列した。


向井理は「あちらの世界で、好きな物を食べて飲んでほしい」

松下奈緒は「水木しげるさんの奥様に一瞬でもなれて、素敵な経験をさせてもらった」

と、それぞれに水木夫妻ヘ思いを寄せた。


第2部は誰でも参加でき、多くのファンが来場し献花台に花を供えたほか、妖怪ポスト(水木しげるへメッセージを送ることができるというポスト)に手紙を投函するフアンの姿も多く見られた。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック