あなたは「自分の死後もブログやSNSを残してほしい」ですか?

「自分の死後、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)への書き込みをどうしてほしいか」という調査を行った結果、46,4%が「すべて削除してほしい」と答え最も多かった。

19、2%が「自分のことを思い出すために残して欲しい」と答えた。
32,2%が「ブログやSNSは利用していない」と答え、2、2%が「その他」だった。

調査対象は楽天リサーチを通じて全国の20~60代の男女1000人で、インターネットを通じて行われた。

亡くなった友人・知人や芸能人など、故人が残したネット上の書き込みを見たことがあるか、という質問には20、7%が「見たことがある」と答えた。

女性は、20代で41%、30代で31%が「見たことがある」という答えだった。

本人の死後もネット上に書き込みが残ることをどう思うか、の質問には、53、2%が「別に何とも思わない」、23%が「故人を思い出すことができるのでかまわない」、18、3%が「気味が悪い」と答えた。

若い女性に肯定派が多く、20代女性で40%、30代女性で35%が「残っていても問題ない」と答えている。

ネット銀行やネット証券などに口座を持っているか、という質問には56%が「持っている」と答え、半数を超えていた。

また、44、2%の男性、26、4%の女性が「自分の死後、家族や友人に見られては困る写真や文章などをパソコン内やインターネット上にデータとして持っている」と答えている。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック