いまや日本の朝の顔 NHK有働由アナが面白い つけまつげ事件

NHKの有働由美子アナウンサーと言えば、アナウンサーというより人気タレント並みの支持を得ています。


大晦日の紅白では、毎年のように司会に抜擢され、いまやNHKの看板番組になった「あさイチ」のメイン司会者として、日本の「朝の顔」にもなっています。

「あさイチ」では、軽快なウイットに跳んだ語り口で、主婦層の人気も高い有働アナ。


彼女の人気の秘密はどこにあるんでしょうか?


番組では、躊躇せず?「すっぴん顔」を公開したり、「スリッパ」で登場したりと、他局のアナウンサーでは考えられないことも平気?でしたりします。 


「あさイチ」では有働アナの「つけまつげハプニング」が話題になり、「つけまつげ特集」が組まれました。


そのなかで、写真や衣装などを「細見せ」するやり方を紹介したとき、有働アナのヘアメークを担当している中村優子さんの技術が紹介され、「有働アナのメーク前とメーク後の顔」が披露されました。


目の大きさが格段に違がい、ゲストのサンドウィッチマンの伊達みきおさんが「こういうプリクラありますよね、目を大きくするやつ」とコメントしました。


その後、有働アナのメーク方法が改めて紹介されると、再びスッピン顔の写真が映し出され、サンドウィッチマンの伊達さんも「ビフォー、やばいな」と笑いながら納得?していました。


有働アナは「もういいよ~。(メーク前の)ビフォーは聞いてないよ~」


また「つけまつげ」をなぜつけ始めたかの理由を紹介し、15年ほど前に、各局の女性アナウンサーたちと一緒に並ぶ事があって、「みんな若くてお人形さんのように可愛くて、目がパッチリしている方ばかりだった」と語りました。


当時のプロデューサーから「有働ちゃんは顔が地味というか、辛気くさいからつけまつげでもしたら?」と言われたと告白しました。


それからつけるようになり、40代になってから、「つけまつげ」による細見せ効果がアップしてきたと話しました。


「あさイチ」では、「朝の連続テレビ小説」のあとに放映されるため、その日の「朝の連続テレビ小説」の感想を、イノッチと語るのが番組冒頭の恒例コーナー「朝ドラ受け」になっています。


先月27日の生放送中に、朝ドラ「あさが来た」で、「惣兵衛が母の菊に斬りかかる」という衝撃的なシーンを見て驚いた有働アナの「つけまつげが取れてしまう」というハプニングがありました。


このハプニングが話題となり、「あさが来た」を食った有働アナのつけまつげ、などとネットで話題になりました。


それで「つけまつげ特集」が組まれたという訳です。


有働アナは「いのっちもつけまつげつけたら、V6の岡田准一君ぐらいになるよ」

と、相棒のイノッチをいじっていました。


有働アナは「すっぴん顔」を公開して、破れかぶれになった?のか「ここまで体張ってもお給料一緒だから、フリーになろうかな」とドッキリ発言も平気でします。


また、各地の観光スポットを紹介する「JAPAなび」のコーナーで、横浜放送局の渡邊あゆみアナウンサーがスタジオに渡邊アナが登場すると、有働アナは「私の尊敬してやまない渡邊あゆみ先輩です」と椅子から立ち上がり頭を下げました。


渡邊あゆみ先輩がスタジオに入って来てからずっと立ちっぱなしの有働アナに、イノッチが「座ってくださいよ」と言うと、有働アナは「先輩が立ってリポートされているのに」とそのままの姿勢で渡邊アナの話を聞き続けていました。


「すっぴん顔」もいとわないプロ意識、ウイットに富んだ話術、アナウンサーとしての実力、先輩に対する礼儀正しさ、仕事の出来る独身女性、あまり美人ではないが可愛い容姿、竹を割ったような性格(はたから見ると)・・・・・

有働アナの魅力はまだいろいろあるのかも知れませんね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433401477

この記事へのトラックバック