金魚の死骸30匹 嘔吐物まで娘に食べさせる 母親の5度目の虐待逮捕

福岡県久留米市で当時16歳の娘に対し、飼っていた金魚の死骸30匹以上を無理やり食べさせた疑いで、無職の母親(46)と、内縁の夫(46)が強要容疑で2月16日に逮捕された。


他にも、火のついたタバコを舌に押し付けたり、食べ物を無理やり食べさせ、吐いたものをまた食べさせたりと、やりたい放題の猟奇的虐待。


日常的に繰り返されていた虐待は、自宅のベッドにロープで縛り付け監禁し顔を何度も殴ったり、軽乗用車に監禁し車内で顔を回殴るなどエスカレートしていき、水槽に食器用洗剤を入れて金魚を死なせたうえで、その死骸を無理やり食べさせていた。


最初は2015年9月に監禁致傷と傷害の両容疑で逮捕され、その後、同10月に強要罪容疑で、同12月に暴行罪の容疑で、そして16年1月には監禁と暴行の容疑で逮捕され、今回が2人が逮捕されるのは5回目。


逮捕された母親はこうした虐待について「しつけの一環」などと供述しているという。

ネット上では「かわいそう過ぎる」「何回地獄の苦しみを味わえばいいのか?」「これは絶対に反省する気ないぞ、6回目が普通に起こるだけだろ」などといった同情が広がっている。


今回の逮捕は、近所の人が2人の虐待に気がついて、娘を母親の親族の家に避難させた。その親族が警察に通報したことで事件が発覚したという。


最近、自分のストレスを自分より力のない人間に向ける犯罪が後を絶たない。

こういう犯罪を犯す人間は、決して自分より力のある人間には逆らわない。

自分より力のない人間にだけ牙をむく、鬼畜にも劣る人間たちである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434098916

この記事へのトラックバック