長澤まさみ妖艶 大渕弁護士DV 土屋アンナ勝訴 杉村太蔵慶大大院

★妖艶でセクシーな長澤まさみ


女優、長澤まさみ(28)が28日、東京都内で行われた「日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」授賞式に出席。

主演映画「海街diary」で四姉妹の次女役を演じて助演女優賞を受賞。


4女優が主演した同作品では、長女役を演じた綾瀬はるか(30)が主演女優賞、四女役の広瀬すず(17)が新人賞を受賞した。


黒いレース地が体にぴったりと張りついた、胸のラインもあらわなセクシーすぎる衣装で登場し、その妖艶ないで立ちが会場の話題をさらっていた。 


 ナガサワ.png

出店http://www.sanspo.com/



★大渕愛子弁護士のDV疑惑


日本テレビ系「行列のできる法律相談所」などに出演中の大渕愛子弁護士(38)が、匿名の女性から自分の事務所に「DVを受けているのではないか?」と心配する電話があった、とブログ内で明かした。


大渕弁護士は転倒し頭を強く打って、目の上が腫れ目尻が紫に変色したり、おでこにたんこぶができたことをブログで報告していた。


匿名の女性は、「ネット上でDVを受けているのではないかと騒がれているようで、自分もDVを受けていたので、心配になり電話しました」と語ったとのこと。


大渕弁護士は「とても温かいメッセージを頂き、とても有難く思います。あざのことですよね。それは、まさかまさかです。一彦さんは強面ですが、心優しい人ですよ」と俳優の金山一彦との夫婦円満を強調している。



★土屋アンナが全面勝訴


女優で歌手、土屋アンナ(31)が主演舞台「誓い~奇跡のシンガー」の稽古に参加せず公演が中止になったとして、製作側の演出家が損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は25日、「舞台は準備不足で、土屋さん側に非はない」として請求を棄却する判決を言い渡した。


舞台は13年7月に上演予定だったが、原案者から舞台化の許諾を得ておらず、それを知ったアンナが稽古を欠席したことから、舞台の中止が発表され、演出家がアンナを提訴していた。


演出家が動画投稿サイトで歌った楽曲「ANNA」が名誉毀損に当たるとし、演出家に33万円の賠償を命じた。


「ANNA」には、「男あさり」「ドラッグ漬け」などの歌詞が登場し、土屋アンナ側が名誉毀損で訴えていた。



★杉村太蔵が慶大大学院に合格


元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(36)が、慶大大学院に合格したことを発表した。


慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程に合格したようで、「4月から大学院で研究します。2年くらい前から、準備して挑戦していたんです」と、うれしそうに話した。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック