自分の葬儀の参列者は何人? ニセ葬儀を企画した66歳中国人

自分の葬式にはいったい何人の人が来てくれるのだろう?

それを知りたいがために、思わぬことを計画した男性が中国にいた。


中国・山東省北部に暮らすZhang Deyangさん(66)は、自身の訃報を流し葬儀代の28万円を用意し自身の葬儀を準備した。


知らせた相手は親族や友人たちで、そこには「自分のために何人が葬儀に駆けつけ、何人が涙を流してくれるのか、自分の存在価値を確認したい」という思いがあったという。


人柄も誠実で地域住民との関係も良好だったが、独身のために「自分が死んでも誰も墓参りに来ないだろうし、墓を立ててくれる者すらいない」と心配して、数年前に墓だけは自身で購入していたという。


葬儀当日は会場に親類、知人、友人など40名ほどが駆けつけ、村からも彼をあまり知らない人を含む数百名が集まった。


しかし葬儀会場に彼の亡骸が見当たらず騒ぎになり、Zhangさんの真意を知った会葬者たちはビックリし、怒り、呆れたことは言うまでもない。


その後Zhangさんは、中国のウェブサイトの取材に対して、「私を本当に大切に思っている人と、そうでない人を見分けたかったのです。訃報を知らせたものの期待に反して葬儀に来てくれなかった友人が20人おり、それを素直に受け止められずにいます」と話している。


迷惑千万のニセ葬儀だが、会葬者の反応は様々で、「まったく意味のないことをした。そんなお金があるなら寄付に回すべきだ」という人や、「彼の気持ちは痛いほど理解できる。一生懸命に仕事をして誰もいない家に帰るだけの孤独な人生。自分が死んだ後はどうなるのかと苦悩や不安でいっぱいだったのでしょう」と同情している人も多かったという。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434146155

この記事へのトラックバック