「保育園落ちた 日本死ね!!!」が話題を呼んでいる はてな匿名ダイアリー

★「保育園落ちた 日本死ね!!!


何なんだよ日本。

一億総活躍社会じゃねーのかよ。


昨日見事に保育園落ちたわ。

どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。


子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?


何が少子化だよクソ。

子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。


不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。

オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。


エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。

有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。


どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。

ふざけんな日本。


保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。

保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。


国が子供産ませないでどうすんだよ。

金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。


不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。


まじいい加減にしろ日本。


記事出典はてな匿名ダイアリー


子どもの数は少なくなっているのに、待機児童問題は解決しません。

政府は盛んに少子化対策を打ち出しているにも関わらず、子育ての現場では待機児童があふれています。


「少子化なのに、なぜ保育園に入れない子どもがあふれるのか?」「小学校に入れない子どもはいないのに、なぜ保育所に入れない子どもがいるのか?



保育園が足りない理由は、小学校以下は「憲法上義務化されている訳ではない」からだといいます。

義務教育ではないので、もともと保育園は足りていないということ。


待機児童が減らない理由は、保育園が足りないだけなのでしょうか?


待機児童が減らない理由として考えられるのは、景気の悪化等によって夫の給料が減ってしまったり、ボーナスがカットされたりで、働かなければならなくなった専業主婦が増加したことで、保育所に入所させる子供の数が増えているということ。


保育所の数は変わらないのに、入所希望者が増えたことが、待機児童を増加させています。


出産を機に退職する女性もいますが、ある程度の地位や収入を得て、仕事に誇りを持っている女性は、出産後も職場復帰をします。

そういう昔と違う女性の社会との関わり方の変化も、待機児童の増加の原因の一つだと言われています。


さらに、子供がいながら離婚や未婚を選択する女性が増え、シングルマザーとして子供を預けて働く女性が増えたことも、待機児童が減らない理由の一つとなっています。

また、人気がある幼稚園や保育所、あるいは都市部の保育施設は、遠方からも受け入れ希望者が殺到することもあり、待機児童が減らない理由の一つと考えられています。


衆院京都3区の補選にかかる費用が2億6千万円と試算されています。

例の妻の妊娠中に不倫したイケメン議員が議員辞職したために行われる、衆議院京都3区補選。

身勝手な政治家の不始末に国が使うお金が2億6千万円。


ネットでは多くの人が「保育園落ちた 日本死ね!!!」さんの意見を支持しています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック