芸能界復帰した若槻千夏が輝いている 数々の番組に引っ張りだこ

6年ぶりに芸能界に復帰した若槻千夏さん(31歳)が、多くのバラエティー番組に出演し、再ブレイクを果たしています。


昨年7月に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話 2時間SP」で久しぶりにテレビに出演しましたが、痩せていたことや、かっての健康的な小麦色のイメージとは違い肌の色が白かったこと、などから印象が変わったという意見が多く聞かれていました。


また、ネットでは、後輩の女性バラエティータレントも多く出て来ており、若槻の再ブレイクは厳しいという意見も多く聞かれました。


ところが復帰後は数々の番組に引っ張りだこの状態で、複数のバラエティー番組が熱視線を送っています。


以前はおバカキャラで売っていましたが、彼女は頭の回転が早く、トーク力には定評があり、トークのキレは相変わらずで、久々に出演した『さんまのまんま』では明石家さんまさんとの絡みも見事で、さんまさんから「若槻はばかやないからなあ」と言われていました。


大物芸能人との絡みも非常に上手いので、レギュラー獲得も時間の問題と言われいます。

また、過去に共演した芸能人も多いので、テレビ局も出演メンバーを組みやすいのではないかと言われています。

ベッキー不在のいま、ポストベッキーの一番手になるかもしれません。


若槻千夏さんは17歳(2001年)の時に、友人と渋谷の109でスカウトされ芸能界に入り、成人雑誌の水着グラビアでデビューしました。


高校時代は15歳から17歳までの約2年半うどん店でアルバイトし、この他にも、軽食店やティッシュ配り、祭りの屋台などのアルバイトを経験。グラビアアイドルとしての活動を始めてからも半年ほど、早朝5時からのビル清掃の早朝アルバイトを兼務していた事があるという根性の持ち主。


02年にミスマガジンにエントリーし、セミファイナルまで進出するも落選、翌03年から本格的にグラビアからテレビ、ラジオ業界への進出を開始


フジテレビ「トリビアの泉」、「クイズ!ヘキサゴン」、テレビ朝日「銭形金太郎」「踊る!さんま御殿!!などバラエティ番組を中心に出演しました。


04年3月に映画「呪霊 THE MOVIE 〜黒呪霊〜」にて初出演・初主演でスクリーンデビュー、10月に主演映画2作目「想色〜オモイ・ノ・イロ〜」が公開されました。


同年「めちゃ×2イケてるッ!で知名度が一気に上がり人気タレントの仲間入りをはたしました。


06年に神経性胃炎・潰瘍性大腸炎で体調を崩し、全てのレギュラー番組出演と年末年始の番組収録をキャンセルし、2か月間の療養に入りました。


09年に自身のブランド「W♥C」(ダブルシー)の設立し、12年に一般男性と結婚し、6月に女児を出産。


2015年12月の「さんまのまんま」にゲスト出演し、4年ぶりに芸能界への本格復帰を果たしました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434426824

この記事へのトラックバック