勝手に出された「離婚届」は有効か? 提出した妻は犯罪者?

弁護士ドットコムの法律相談ではいろいろな悩みを抱えた人たちからの相談が寄せられています。


勝手に出された「離婚届」は有効なのか?


ある男性の妻は、夫婦喧嘩の翌日に子供を連れて出て行き、数日後に「離婚届を出したから」とメールが届きました。


男性は、離婚届に判も押していないし、用紙すら見たことがないといいます。

ただの喧嘩と思っていた男性にとっては、青天のへきれきでした。


離婚届には夫婦それぞれの署名と印鑑が必要で、証人2名の署名も必要です。


男性のケースでは、妻が勝手に作成したもので、離婚届は有効なのでしょうか?

また、撤回するにはどうすればいいのでしょうか?


弁護士ドットコムによると、夫婦双方に離婚の意思があること、離婚届が提出されること、このふたつの条件が揃わないと離婚できません。


夫婦の一方が、勝手に離婚届を作成して提出した場合は、離婚は無効となります。

役所が離婚届を受理してしまうと、戸籍上は離婚したことになってしまいます。


このような場合は、家庭裁判所に「協議離婚無効確認」を求める調停を申し立てる必要があります。

調停での話し合いの結果、離婚が無効であると夫婦双方が合意し、裁判所がその合意を正当と認めれば、戸籍の記載を訂正することができます。


合意が成立しない場合は、「協議離婚無効確認」の訴えを提起し、勝訴すれば戸籍の記載を訂正できます。

ただ、調停や訴訟を申し立てるには手間もお金もかかります。


今回のように、夫の同意がなく離婚届に勝手に夫の名前を書き、捺印して提出したような場合は、有印私文書偽造罪という犯罪行為にあたります。


また、離婚届を戸籍係に提出する行為は偽造有印私文書行使罪にあたり、その行為により戸籍が変更された場合は、公正証書原本等不実記載罪にあたります。

このように、勝手に離婚届を作成して提出する行為は、重大な犯罪行為になります。

記事参考・弁護士ドットコムニュース編集部

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック