前科8犯の鬼畜 野放しで起こった 大阪・寝屋川市中学生殺害事件 

昨年8月におきた、大阪・寝屋川市の中学1年生、平田奈津子さんと星野凌斗くんの殺害・死体遺棄事件で逮捕された山田浩二被告(45)は、「前科8犯」の「鬼畜」だった。


星野凌斗くんは2015年8月12日夜に、同級生の女子中学生・平田奈津美さん宅へ泊まりに行くと言い残して外出後に行方が分からなくなっていました。


2人は8月12日夜に合流後、深夜~13日朝方にかけて商店街で夜を明かしたとみられています。


翌13日午前7時前ころに、平田奈津美さんが友達に「京都へ行く」「寝屋川へはもう戻らない」というメッセージを送っていました。


そして13日午後3時ころ、寝屋川市駅の駐輪場に自転車を置いて以降、2人の足取りは途絶えました。京都へ行くとLINEで送信していましたが、電車やバスに乗ったような形跡は残っていませんでした。


8月13日午後11時半ころ、寝屋川市と隣接する大阪府高槻市で、平田奈津美さんが変わり果てた姿で発見されました。


両手首を縛られたうえ顔面を粘着テープでグルグル巻きにされ、体には無数の切り傷があり、傷の数は30ヶ所以上にものぼり、深い傷は骨にまで達していました。


8日後の21日、大阪南部の柏原市で山田浩二被告が逮捕され、星野凌斗くんの遺体が発見されました。


小学校時代から、他の生徒の上履きをドブに捨てたり、スーパーの商品を箱ごと万引きしたりで、中学生のときはで1年ほど鑑別所に入っていたといいます。


2002年に中学2年生の男児を車に連れ込み、手錠をかけ口には粘着テープをし、下半身を触り性的ないたずらをして、4時間後に目隠しをした状態で駐車場に放置しました。


この事件で息子が山田被告の被害に遭った父親は、「週刊新潮」の取材で「アイツは当時、前科8犯だったらしい」と話しています。


この容疑の他にも17歳の少年に対する監禁・傷害容疑もあり、懲役12年の刑で徳島刑務所に収監され、出所したのは2014年の10月でした。


獄中で元ヤクザだった山田という人物と知り合い、養子縁組をして山田姓を名乗っていましたが、獄中でもどうしようもない状態だったようです。


山田被告を知る山口組関係者は、週刊新潮の取材で「とにかく最低のやつだった。手癖が悪くて工場の物を盗む。同房のやつのタオルをトイレに流して嫌がらせをする。人が困るのを見て喜ぶやつで、ムショ内でも嫌われ者だったよ」と証言しています。


出所後は福島で除染作業をやっていましたが、今回の事件を起こす少し前の8月9~10日には、アダルトサイトで見つけた「輪姦イベント」に参加していました。


その後警察との接点があり、このときの警察の対応次第では、この事件は起きなかったかもしれません。


イベント終了後、秋葉原で女の子をナンパしようとして失敗し、クルマを急発進したところをパトカーに止められ、山田被告の車の中から、バイアグラ、注射器、スタンガン、手錠が発見されていました。


山田被告は、警察に任意同行を求められ、尿と指紋を採取されましたが、薬物反応が出なかったため解放されました。


このときに、警察が山田被告の犯歴を照会していれば(したのかもしれないが)、要注意人物として立ち回り先の警察へ連絡して、行動確認の対象者として見張ることができたのではないかと思われます。

記事参考https://gunosy.com

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック