薬物依存を克服したハリウッドセレブ 死亡したハリウッドスター


清原和博容疑者の薬物使用での逮捕が日本中を騒がせていますが、ハリウッドのセレブには、ドラックが原因で亡くなってしまったスターも多くいます。一方で依存症を克服し、活躍しているハリウッドスターもいます。


ホイットニー・ヒューストンやエイミー・ワインハウス、ヒース・レジャー、リバー・フェニックスは、薬物の過量摂取で死亡しています。


薬物依存を克服したハリウッドセレブ


●ロバート・ダウニー・Jr


8歳でマリファナを覚え、コカインやヘロインの所持・使用で何回も逮捕され服役もしています。


1996年4月に麻薬不法所持により初めて逮捕され、1999年8月から1年間カリフォルニア州立刑務所へ収監され、薬物問題で計6回逮捕されています。


人気ドラマ『アリーmyラブ』第4シーズンに出演中の、2011年4月にコカイン所持で再逮捕され、3年間の保護観察処分となりました。同時に1年間のリハビリ施設収容を命じらました。


2003年に「きっぱりと止める時がきた」と直感し、所持していた麻薬を全て海に投げ捨て、ドラッグと縁を切りました。

同年、旧友メル・ギブソンの助力を得てスクリーンに復帰しました。


今では、ハリウッドで最も高いギャラを稼ぐ俳優と言われています。2015年には、カリフォルニア州知事から恩赦を受けています。

アナデミー賞に何度もノミネートされ、その他多くの賞を受賞しているニューヨーク出身の50歳。


2009年公開のシャーロック・ホームズは日本でも大ヒットし、2011年に続編のシャーロック・ホームズ・シャドーゲームが公開されました。


2008年公開のアイアンマンは、その後シリーズ化され、2010年、2013年と続編が作られています。


 o065005311157631_650.jpg

出典http://news.ameba.jp/


●ジョニー・デップ


日本でもァンが多いジョニー・デップも、薬物依存から立ち直り世界的スターになりました。


幼いころから家庭の事情で頻繁に転居を繰り返し、7歳の時にフロリダに定住しました。子供時代はストレスのために自傷行為を繰り返し、12歳で酒を飲み始め、14歳の頃からドラッグに手を出すなど、どん底とも言える青年時代を送りました。


しかし、親友との死別をきっかけに足を洗う事を決意し、16歳の時に高校を中退しミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、その後映画界へ進出しました。


シザーハンズ(1990)ギルバート・グレイプ(1993)で注目され、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のジャック・スパロウ役で世界的スターになりました。


ゴールデングローブ主演男優賞は7回目のノミネートで受賞、アカデミー主演男優賞は3回ノミネートされています。


●ドリュー・バリモア


7歳の時に出演した「E.T.」(82年)で一躍天才子役として脚光を浴び、9歳から飲酒や喫煙を始め、10歳で大麻にも手を出し、そして12歳でコカインを使用するようになり自殺未遂まで起こしました。


しかしその後は、12年に結婚して1児の母となり、女優としてもヒット作「チャーリーズ・エンジェル」シリーズに出演するなどすっかり立ち直っています。



ドラックが原因で死亡したハリウッドセレブ


★ホイットニー・ヒューストン


1985作目のシングル「すべてをあなたに」から7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立てました。


1991年の第25回スーパーボウルでアメリカ合衆国の国歌を披露。

1992初主演映画『ボディガード』が公開され、新曲6曲を収録したサウンドトラックは全世界で4,200万枚のセールスを記録。


2012211日に、カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリーヒルトン・ホテルで死亡。48歳。


★エイミー・ワインハウス


2008年の第50回グラミー賞ではカニエ・ウェストの8部門に次ぐ主要4部門を含む6部門でノミネートされ、最優秀新人賞や最優秀楽曲賞など5部門を受賞。

2011723日、ロンドンのカムデンにある自宅で遺体で発見されました。28歳。


★ヒース・レジャー


『ブロークバック・マウンテン』(2005年)の演技が絶賛され26歳の若さでアカデミー主演男優賞にノミネート、一躍若手演技派俳優と目されるようになりました。


その後も順調にキャリアを重ねていったが、2008年、睡眠薬等の薬物併用摂取による急性薬物中毒により急逝しました。


、『ダークナイト』(2008年)の演技により、アカデミー助演男優賞を受賞した。28歳での同賞受賞は史上4番目の若さです。28歳。


★リバー・フェニックス


『スタンド・バイ・ミー』(86年)で一躍人気スターとなり、1988年出演の『旅立ちの時』でアカデミー助演男優賞にノミネートされました。


1993年に当時ジョニー・デップが共同オーナーの1人だったナイトクラブ「バイパー・ルーム」でヘロインとコカインの過剰摂取で心不全を起こして死亡。23歳

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434666379

この記事へのトラックバック