元フジテレビアナウンサー菊間千乃弁護士 関西テレビで法律問題解説

アナウンサーから弁護士へ転身した菊間千乃弁護士(44)が、関西テレビの「まさかのマネー劇場 ~知らないと怖いお金のトラブル~」で、弁護士として初めてテレビで法律問題を解説することになりました。


菊間弁護士は早大法学部卒業後、1995年4月にフジテレビに入社し、「笑っていいとも」や「FNNスーパーニュース」などで活躍していましたが、98年9月に番組の体験リポート中にマンション5階から転落して、3カ月の重傷(腰椎の圧迫骨折)を負いました。


1年にも及ぶリハビリに耐えて99年に復帰しましたが、2005年に大宮法科大学院大学に入学し、仕事と平行して法律の勉強を開始しました。


同年に、未成年タレントと飲酒したとして、無期限謹慎処分を受けました。

司法試験受験に専念するため07年にフジテレビを退社し、2010年9月に司法試験に合格しました。


番組はテリー伊藤さん(66)と南海キャンディーズの山里亮太さん(38)が司会を務め、菊間弁護士がお金のトラブルについて、法的な問題点や解決法を解説するという内容です。


菊間弁護士は久しぶりのスタジオに、「スタジオに来ると緊張してしまいます。今はもう裁判所に行くほうが安心するので、私やっぱり弁護士になったんだな、と感じました」と笑って語りました。


また、「一見、とっつきにくい法律や裁判ネタを、視聴者の皆さんに正確にわかりやすく解説することが、アナウンサー出身弁護士である私の役目だと思っています」と、元アナウンサー弁護士としての立場から番組を盛りあげたいと話しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434816869

この記事へのトラックバック