花は咲く 印税は全額被災地の自治体に義援金として寄付されている

「花は咲く」は、2011年(平成23年)311日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地および被災者を、物心両面で応援するために制作されたチャリティーソングです。


日本放送協会(NHK)が震災後の2011年度から行っている震災支援プロジェクト「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマソングとして使用されており、この楽曲の作詞、作曲家への印税は、全額がNHK厚生文化事業団を通じて被災地の自治体に義援金として寄付されています。


作詞は宮城県仙台市出身の映画監督・岩井俊二さん、作曲、編曲は宮城県仙台市出身の作曲家・菅野よう子さんが担当しました。


岩井さんは、「正直難しい仕事でした。普段想像力という見えないチカラを糧に仕事をしている身ですが、今回ほど自身の想像力の真価を問われていると感じたことはなかったかも知れません。」

「亡くなった人たち、生き残った人たち、あの震災を遠くから心配していた人たち、3.11から今に至るまで、それぞれが一体どんな想いをしているのか、数行では到底描きようもない想いの、せめて僅かな片鱗でも書き留めることができたら、という想いで書きました。」と語っています。


また菅野さんは「作曲するにあたって心がけたこと。それは自分を出来る限り消し、音楽が、パフォーマーや聴く人の気持ちを載せることのできる透明な器であるようにする、ということでした。」

100年経って、なんのために、あるいはどんなきっかけで出来た曲か忘れられて、詠み人知らずで残る曲になるといいなあと願っています」と語っています。


「花は咲くプロジェクト」のプロモーションビデオでは、34組・36人の岩手県・宮城県・福島県の出身者とゆかりのある歌手・タレント・スポーツ選手が歌唱していて、女優の鈴木京香さん(宮城県仙台市出身・東北学院大学卒業)のみ歌っておらず、黙祷するように目を閉じているという演出がなされています。


「花は咲く」はいろいろなバージョンがあります。

★辻井伸行さんが弾く「花は咲く」

★ウィーン少年合唱団が歌う「花は咲く」

★「花は咲く」アニメバージョン

「八重の桜」で幼少期の八重役を演じた、鈴木梨央ちゃんが歌っています。

★イル・ディーヴォ(IL DIVO)が歌う(世界的人気を誇るヴォーカル・グループ)

「花は咲く~FLOWERS WILL BLOOM」(英語版)

NHK交響楽団によるオーケストラ版

★東京佼成ウインドオーケストラによる吹奏楽版

★荒川静香さんと羽生結弦さんの「花は咲く」

東北出身のオリンピック金メダリスト 荒川静香さんと羽生結弦さん

2人が復興への願いをこめて披露した感動の演技を収めたDVD



「花は咲く」プロモーションビデオ出演者

(敬称略・五十音順)

秋吉久美子、荒川静香、生島ヒロシ、イケメン'ズ、岩田華怜(AKB48)、梅沢富美男、大友康平、加藤茶、門倉有希、狩野英孝、かの香織、熊谷育美、佐藤B作、さとう宗幸、沢田知可子、サンドウィッチマン、涼風真世、鈴木京香、千昌夫、中村雅俊、仲谷明香、新沼謙治、西田敏行、野村克也、畠山美由紀、原田直之、本田武史、マギー審司、村上弘明、森公美子、杜けあき、山川恵里佳、遊佐未森、由規



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434867602

この記事へのトラックバック