女性はキャリアより子供を2人以上生むことです 大炎上・校長発言

大阪市立茨田(まった)北中学校の男性校長(61)が、2月29日の全校集会の朝礼で講話した内容が波紋を呼んでいます。


校長は「今から日本の将来にとって、とても大事な話をします」と切り出し、「女性にとって最も大切なことは、子供を2人以上生むことです。これは女性が仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります」と話しました。


男性についても、「子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません」と指摘しました。


また、「少子化が進むと日本が消えてしまうから」、「子供を2人以上産めば、その子供は無料で国立大学の能力に応じた学部に入学できる権利を与えたらよい」とも発言しています。


校長の発言について、3月2日になって大阪市教委に匿名で批判する電話があり、市教委は、「校長の個人的発言で、女性に特定の価値観を押し付ける軽率な発言だ」として処分を検討しているようです。


講話の内容は、3月12日の学校ホームページに掲載されましたが、市教委の指示があり、3月13日には削除されています。


この発言がネットに流れると、「女は子育て中はキャリアアップするなということか?」「公的な場で校長が発言する内容ではない」「国家主義的イデオロギーだ」と批判が相次ぎました。


その一方で、「こい云う考えもあって当然だ」「何がダメなんだ、少子高齢化なんだぞ」「これくらいは表現の自由で許されるのでは?」という発言を擁護する意見も多くありました。


その後の取材に対して、学校側は教頭(校長不在のため)が、「賛否両論いろんな意見がありますが、間違っていないという校長の考えに変わりはないようです」と答えています。


市の教育委員会に寄せられた数十件の意見には、校長の発言に賛成、反対が半々ぐらいだったそうです

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック