アマゾンのお坊さん便で分かった 金持ち僧侶と貧乏僧侶の格差と上納金

アマゾンの「お坊さん便」というサービスが話題になっています。


法要を営む際に、「アマゾン」で申し込むと僧侶を派遣してくれるサービスです。


この「お坊さん便」が波紋を読んでいて、全日本仏教会が「アマゾン」に対しサービス停止を要求して騒ぎになっています。


全日本仏教会がサービス停止を要求している理由は、「僧侶の宗教行為を定額の商品として販売している」ことで、アマゾンの派遣料金3万5000円からという規定を問題にしています。


全日本仏教会は、僧侶のお布施というものは「気持ち」であり、相手が決めるものなので、定額で示すものではないという建前があり、一定の額を決めてしまうと、法要儀式の商品化につながり、その料金を払えない人は法要を行えなくなる、と主張しています。


「お坊さん便」に反発している僧侶の多くは、金持ち僧侶たちで、多くの檀家を抱え、寄付によって立派な本堂を建て、高級外車に乗り、1度の法要で高額(数十万)なお布施をもらっている彼らにしてみると、3万5000円のような低額が基準になっては困るからです。


しかし、地域差はありますが、田舎の寺院では、1回の法要が1万~2万円程度のところも多く、都会に住んでいる人からしてみると超破格の安さです。


地方では、経営が苦しいお寺も多く、後継者がいなくなった寺の住職を掛け持ちで引き受けて、檀家回りに奔走している僧侶も多くいます。


しかし、信徒の少ない寺では頑張っても収入にならないし、過労死になるくらい働いても、生活するのが精一杯という僧侶たちも多いそうです。


そんな僧侶たち追い詰めているのが上納金で、檀家数や寺格などで違いますが、「檀家の数だけの上納金」というのが基準のようで、檀家が約40軒のお寺では年間50万円の上納金を収めているといいます。


赤字の寺でも上納金から逃れることはできず、宗派が貧乏な寺に金銭支援をすることは一切ありません。


地方の収入が少ないお寺にしてみると、僧侶の収入になるだけではなく、お寺と縁がなかった人々と出会うことになり、法要や教えを伝える機会になります。


法要などの従来の日本的習慣の必要性が薄れるなか、新しい仏法の伝え方として「お坊さん便」のようなサービスが定着するか注目されています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435415781

この記事へのトラックバック