ツイッターで話題 高校最後のお弁当 母と息子の感動物語

高校生のTwitterへのある投稿が話題になっています。


話題の投稿者は、宮崎県小林市の内村勇貴さん(18才)で、この春に宮崎市内の高校を卒業し、4月からは東京で働くため1人暮らしが始まります。


卒業を数日後に控えた「最後のお弁当」の日に、お弁当の包みには1通の手紙が添えられていました。


勇貴さんは、手紙を読まずにお弁当を食べました。

それは、母からの手紙の内容がなんとなく分かってしまったそうで、「手紙を読んでしまったら、泣くかもしれない、そういう手紙なんだろうなって」と思ったといいます。


お弁当を食べ終わった勇貴さんは、母からの手紙を読んで友達にも見せました。

「友達から、写真撮っておけよ」と言われ、記念だからと写真を撮りTwitterにアップしました。


勇貴さんは、その理由を「感謝してもしきれないっていう気持ちがあったからです」と話しています。


勇気へ

とうとう高校最後のお弁当になってしまいました。

数々のお弁当、食べてくれてありがとう。

お弁当のことでいろいろな会話もできました。

次、いつ勇気のためにお弁当を作るかわからないので、このお弁当味わって食べてください。

長い間の高校生活 楽しかったね。

残り少ない時間 友と大切な時間をすごしてね。

ありがとう 母より


この手紙は、王子製紙㈱日南工場製造・再生紙使用のロゴが入っているメモ用紙に書かれていました。


母の愛情がふんだんに盛り込まれた手紙に、勇貴さんは、「ちょっとウルッときたけれど、泣くのは我慢した。もし学校じゃなかったら、周りに友達がいなかったら、泣いていたかもしれない」と語り、このTwitterには、約2万3000のリツイート、約4万3000の「いいね!」がついて、日本中に感動が広がっています。


家に帰ってきた勇貴さんは、何も言わず、母に空のお弁当を渡しました。


母の文子さんは、手紙について何も言わない息子にがっかりしました。


翌日、お弁当を包んでいた風呂敷の中に、息子に書いた手紙を発見した文子さんは、「なんで自分で持っていないのよ、いらないってこと?」とショックを受けたそうです。


しかし、ふと手紙を裏返してみたら「お母さんへ」と書いてあり、読んでみると、そこには息子から母への感謝の言葉が綴られていました。


お母さんへ

3年間弁当ありがとう。

今日で高校最後の弁当だけど、またいつか作ってください。

本当に3年間ありがとう。


お母さんは、高校最後のお弁当に、いつも1種類しか入れない肉のおかずを、唐揚げとハンバーグの2種類入れました。


勇貴さんは、「豪華でおいしかった。朝は7時前のバスで学校に行くので、母は早起きしてお弁当を作ってくれました。たまに寝坊するとパンになるけど、やっぱりお弁当のほうがおいしいから、“パンかぁ”って感じでした。本当に感謝してるんだけど、面と向かってなかなか言えないから、手紙でちゃんと伝えられてよかったです」と母の愛に感謝しています。


母の文子さんは、「手紙は大切な宝物なので、これからもずっと大切に持っておきます」と言って、息子からの手紙をそっと握りしめました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435542486

この記事へのトラックバック