大山志保・優勝賞金全額寄付 野村敏京・米ツアー2勝目 錦織・惜敗バルセロナ・オープン

★大山志保・優勝賞金全額寄付


女子ゴルフ第35回フジサンケイレディスクラシックで優勝(この大会10年ぶり)した大山志保選手は、優勝賞金1440万円全額を熊本地震の被災者支援のため寄付すると表明しました。


大山選手は、高校時代を熊本で過ごしており、「一日でも早く復興し、元気になってもらえるよう、皆さんを支えていきたい。女子プロゴルファー全員で力を合わせ、支援していく」と話しました。


大山選手は、2011年の東日本大震災発生に際しても500万円の義援金などを送っています。


大山選手は、宮崎県宮崎市出身で熊本中央高等学校へ入学し、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技優勝、日本学生ゴルフ選手権競技優勝、2000年プロテスト合格。


2003年にベルーナレディースカップで初優勝し、優勝回数16回、2006年には賞金王に輝きました。


★野村敏京(はるきょう)・米ツアー2勝目


カリフォルニア州にあるレイクマーセドGCで行われた、米国女子ツアー「スインギング・スカートLPGAクラシック」で、野村敏京選手が米ツアー2勝目をあげました。


最終日に首位から出た野村選手は5バーディ・6ボギーの「73」でホールアウトし、トータル9アンダーで2位に4打差をつけて逃げ切りました。


この日は、12番パー3で約20メートルの超ロングパットが、カップインしバーディを奪取、2012年の宮里藍選手以来となる日本人複数回優勝を達成しました。


この勝利でリオ五輪代表へも大きく前進し、今後の目標はメジャー大会で勝利すること。


日本勢がメジャーで勝ったのは、1977年に樋口久子さんが全米女子プロゴルフ選手権を制した1回のみで、このままの勢いで39年ぶりの快挙達成となるか注目されています。


野村選手は、日本人の父と韓国人の母との間に生まれ、5歳まで横浜で暮らし、その後韓国で高校卒業まで暮らしました。


10歳でゴルフを始め、2007年に日本ジュニアゴルフ選手権競技女子(1214歳の部)で優勝。


2010年にプロになり、翌2011年の中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンでプロ初優勝。


同年、日本国籍を選択し、2015年の韓国女子ツアーの大会ハンファ金融クラシックで2勝目をあげ、今年2月にアメリカツアーのハンダ オーストラリア女子オープンで米ツアー初優勝しています。


★錦織・惜敗バルセロナ・オープン


スペイン・バルセロナで行われた、男子プロテニスの「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」で、錦織圭選手はラファエル・ナダル選手(スペイン)に、第一セット4-6 、第二セット5-7の接戦の末敗れ準優勝に終わりました。


ナダル選手を攻め続けた錦織選手でしたが、ナダル選手の世界でもトップのディフェンスと粘りに屈した形になりました。


しかし、この日は、危険を承知でライン際に打ち込む錦織選手のショットを見たスペインの観客たちの口から、「ケ・ブエナ(なんてすごいショットなんだ)」という言葉が多く聞かれました。


ナダル選手は、ATPツアーでシングルス69勝、ダブルス9勝を挙げており、

グランドスラム優勝回数歴代2位タイ記録(14回)、史上2人目となるキャリアゴールデンスラム達成し、全仏オープン最多優勝・最長連覇記録を保持するなどテニス史上最強の選手の一人。


特にクレーコートでは非常に強く、クレーコート81連勝、クレー大会である全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を持っています。


ナダル選手のグランドスラムシングルス成績

全豪・優勝(2009)、全英・優勝(200810)、全米・優勝(20102013)、全仏・優勝(2005-082010-14)で、優勝回は14回(豪1・仏9・英2・米2)。


錦織選手は、、島根県松江市出身でATP世界ランキング自己最高位はシングルス4(アジア人男子歴代最高位)ATPツアーシングルスで日本人最多の11度の優勝を挙げています。


ナダル選手のグランドスラムシングルス成績

全豪・ベスト820121516)、全仏・ベスト82015)、全英・4回戦(2014)、全米・準優勝(2014

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック