前田健さん 虚血性心不全で死去 芸能界から早すぎる死を悼む声 続々と

モノマネタレントとして知られた前田健さんが、虚血性心不全で44歳の若さで亡くなりました。


前田さんは4月24日夜、東京都新宿区のパスタ店で、海の幸のパスタとコーラ、パンを注文し食事をした後、店から30メートルほど離れた新宿区新宿3丁目付近の路上で意識を失って倒れているところを発見され、たまたま通りかかった医大生らが心臓マッサージを施し、近くのパチンコ店の店員が店から持ってきた「AED(自動体外式除細動器)」で蘇生を試みました。


その後、救急隊が到着し、心肺停止の状態で病院に搬送され、心臓は動き出しましたが、意識は戻らず、集中治療室(ICU)で治療を受けていましたが、意識は戻らないまま、26日午前1時36分に帰らぬ人となりました。


前田さんが倒れていた場所には嘔吐物とみられるものがあり、警視庁によると、トラブルに巻き込まれた形跡はないといいます。


44歳という若すぎる死にを悼む声が芸能界から続々と寄せられています。


事務所の先輩の俳優の高橋克典さん(51)はブログで、「突然。早すぎるだろ」「今年は飯食いに行こう行こう」「これから頑張ろうなと言っていたのに」と後輩の死を悼みました。


お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさん(42)もブログで、「残念です。早すぎる 心より御冥福をお祈り致します」と綴り、正月に一緒に鍋を食べたばかりで、いつも仕事の現場で会うと、見つめられて「伊達ちゃん100点!」と言われたり、耳たぶを触ってきたりと親交があった事を明かしました。


タレントのはるな愛さん(43)は、日本テレビの番組に出演し、「後輩思いで、おネエと一緒の特番では、おネエなのに芸人のプライドがあって、自分なりのコメントを見つけて仕事をしていた。このあと、すぐに仕事が一緒になる予定だった。ショックです。いつも笑いにしようという人だった。本当にびっくりした。嘘であって欲しい」と沈痛な表情で語りました。


前田健さんは東京都杉並区出身で、東京都立農芸高等学校卒業(ネプチューンの原田泰造さんは同校の先輩にあたる)後、渡米しマンハッタンに4年間在住。


ブロードウェイダンスセンターで310か月間、ダンスと歌の個人レッスンを受け、帰国後、タレント活動を開始しました。


『ものまねバトル』などで、松浦亜弥さんのものまねでブレークし、歌、ドラマなどでも活躍しました。


「まえけん」の愛称で親しまれ、同性愛者であることも著書「前田健の恋キャラ診断」で告白していました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437200422

この記事へのトラックバック